第一回運営推進会議

日時

2016/08/25 17:50〜18:35

場所

デイサービス高丘デイルーム

出席者

  • 高丘町会長:武下様
  • 函館市地域包括支援センターたかおか:小林様
  • ご家族代表:吉田様御夫妻
  • デイサービス高丘管理者:丸藤秀幸
  • 機能訓練指導員兼看護師:丸藤洋子

議題

  1. 開会の挨拶
  2. 出席者の紹介
  3. 運営推進会議についての概要説明
  4. 活動状況の報告
  5. ヒヤリハット事故等の報告
  6. その他の議題
  7. 活動状況の評価、要望、助言などの聴取
  8. 意見交換・質疑応答
  9. 閉会の挨拶

議事内容

開会の挨拶

管理者は定刻になったので、管理者丸藤より各委員に本日の出席を謝し会議次第により挨拶。

出席者の紹介

管理者は定刻になったので、管理者丸藤より各委員に本日の出席を謝し会議次第。

運営推進会議についての概要説明

管理者は配布資料の確認をした後、会議次第に基づき報告説明を行った。

活動状況の報告

  • 報告事項
  1. 施設概要について:管理者は別紙資料により概要を報告。
  2. 利用状況について:管理者は別紙資料により現利用者数・平均介護度を報告。
  3. 一日の流れ:管理者は別紙資料により一日の流れを説明。

+ 送迎時間について
+ 機能訓練について:管理者より別紙資料を用い、訓練内容に関して説明を行う。
町会長より訓練の指導は専門職により行われるかとの質問があり、管理者より機能訓練指導員の説明を行う。また、当デイサービスの方針として在宅生活を円滑にし、自宅でも行える訓練を実施している旨、説明する。
+ 行事に関して:管理者より行事内容に関して説明を行う。ご利用者様のADL状態に差異があること、日常生活を支援することが本来の目的であることから、施設外行事は行っていないが暦の上での催しや、誕生会などを実施している。また、桜や紅葉などは送迎ルートを若干変更し、車内より観賞いただくなど工夫をしている旨、説明する。

ヒヤリハット事故等の報告

管理者よりヒヤリハット事故等の報告を行う。現状報告する事故はなく、何故、事故の発生を防げるのかについての分析結果を報告。

  • 建物の規模が小さいので見守り範囲を無理なく確保できる。
  • 利用者数に対し、職員数を充分に配置している。
  • 事故を防ぐ介護方法の工夫、シュミレーションの実施。

その他の議題

活動状況の評価、要望、助言などの聴取

包括支援センターより下記事項を評価いただく

  • 自宅近隣での通所の希望
  • 大人数の通所への拒否
  • 体力面に配慮した短時間でのサービス提供
  • 個浴対応

個浴の対応に関し、吉田様ご家族より通常・大型規模のデイサービスも体験利用したが、大浴場での集団入浴に拒否があったため、当デイサービスを体験し個浴でゆっくり入浴できて本人も満足している。自宅での入浴は環境的に負担があり、体調不良を理由に入浴しないこともあったがデイサービスに通ってからは定期的に入浴もできており安心している。とのご意見をいただく。

意見交換・質疑応答

  • 町会長より苦情に関し、委員会は設置しているのかとの質問あり。現状、苦情はいただいていない旨、また、通所の苦情処理についての概要(体制)説明を行う。
  • 包括支援センターより食事の提供に関して質問あり。管理者より調理者・献立作成・食事提供に関しての留意点等の説明を行う。
  • 吉田様ご家族より本会議への提案あり。内容がよく分からないまま出席することになったが、参加することによって本会議を開催する意図や内容も把握することができた。次回も時間が合えば参加したいと思うが、参加できない場合でも会議の内容を知ることができる仕組みを構築してはいかがか。管理者よりご出席いただいたことに感謝するとともに、出席しないご家族様に対し、何らかの方法で会議の内容を公表することを約束しご了承いただく。

閉会の挨拶

その他特に問題発言等もなく、管理者は本日の出席に感謝し閉会を宣した。

決定事項

  • 本会議内容の公表

次回

2017/04/21 (予定、時間は追って連絡)